着圧グッズはデブでもモデルのようなボディを手できるかのAmazon口コミ・最安値

筆者であるojyoshiはデブである。

身長160cmで70kgと圧倒的な存在感を放つ異質といってもいい。

そんなデブな筆者が着圧グッズに注目したのは、ある意味自然な形といってもいいかもしれない。

デブでも着圧グッズは果たして使えるのか、効果はあるのか手探りで潜ってみたい。

デブでも着圧グッズは効果があるのか

決定的な答えに筆者はあると希望を持ちたい。

自然な形でどのような着圧グッズがあるのか考えてみたが、メンズ用の着圧シャツくらいしか思い当たらなかった。医療用のサイズ大きいソックスやなどなら履けるだろうか。

デブでも着圧は効果がある!

と書いているブログなんてほんとのデブの気持ちなんてわかっていないだ。

楽天やアマゾンで販売している着圧ソックスくらいではないか。

まずは履ける商品から探すのが優先だ。

デブが着圧ソックスを履いた顛末

想像してみてほしい。

着圧ソックスを履いた時のイメージを。

着圧グッズは基本的にモデル様が着用していることをよく考えてほしいのだ。

デブと自他ともに認める筆者が履いたらどうなるのか・・・

画像で掲載を避けたい・・・

えっ?なぜ?

いや見たくないでしょう。

パンパンだぜ!

楽天やアマゾンはなんて親切なんだ。サイズが豊富で驚きだ。

なんていうんだ、歩く鬼のこん棒。どちかというと、ドラクエ3のこん棒30ゴールだ。

可愛いいOLさんの黒ソックスなんて想像してはいけないんだ。

着圧グッズの利用条件

デブが着圧グッズを利用際に気を付けたいのはこの3点だ。

  1. 履けるか
  2. きつすぎないか
  3. 続けられるか

そもそも着圧グッズは短時間では効果を発揮しない。

では一つずつ見ていこう。

①履けるか

重要すぎるポイントと言えるのが履けるのか。

加圧効果を高めたいがために、サイズを小さくするのは逆効果だ。

②きつすぎないか

きつ過ぎる着圧グッズはカラダに大きな負荷をかけることがわかっている。

結果血行不良を起こし、うっ血の可能性が高くなるのだ。

うっ血とはこちらを参考にしてほしい。

30.うっ血(けつ) - 「病院の言葉」を分かりやすくする提案
病院で使われている言葉の中には、患者にとって分かりにくいものや、誤解しがちなものが、多くあります。病院の言葉のうち重要なものを取り上げ、分かりやすく言い換えたり説明したりする具体的な工夫について提案します。

③続けられるか

着圧グッズは数時間単位での利用は、効果が実感するのが難しいという言われている。

デブは着圧が半端ないので、短時間で断念したくなる。

フリーサイズってマジ?フリーサイズ?

 

以上この3点をよく比較検証したうえで、着圧グッズは利用を検討しよう。

医療用ストッキングとは

ここからは少し着圧や加圧に関する商品について理解を深めたいと思う。

着圧と呼ばれる商品には、医療用ストッキングやソックスがあることをご存知だろうか。

医療用ストッキングやソックスは、ゲートルと呼ばれるものを原理として発展したものらしい。

弾性ストッキングの原理 | ベノサン VENOSAN 医療用弾性ストッキング
世界の医療関係者、ご利用者から愛される弾性ストッキング「ベノサン」。妥協を許さない品質と、飽くなき革新への情熱で、いまなおその「世界最高水準」の歴史は続いています。

弾性用とは

弾性用はふくらはぎの血行をよくし全身への血流をよくするための、医療目的で使われるもので飛行機のエコノミークラスで起こしやすいエコノミー症候群の予防にも最適だそうである。

医療クラスも1から4まであるが、医療用弾性ストッキングはクラス1に分類され、副作用や障害による生命の危険がほぼないものに分類される安全性だ。

もちろんサイズも豊富だ。